ジュリアン・オピー 個展

j_o_1110.jpg
私の中でスーパースターと言えば、音楽家は「ルー・リード」、写真家の「ユルゲン・テラー」、画家の「ジュリアン・オピー」です。
そして、今回「ジュリアン・オピー」の展示会があるということで早速行ってきました。


ジュリアン・オピーといえば、「Blur」 のベストアルバムのジャケットで大変有名です。日本のアーティストだと、「リップスライムとくるり」のコラボCDでも作品を提供しています。
今回は小さなスペースに10数点ほどのイラスト、デジタル、フォログラムを使った作品が並べられていました。
私は元々彼の、人物を最小限に簡略化してピクトグラムを線と色で表現した作品が好きで、その簡略化された作品からは色気が漂っています。女性の曲線を描かせたら、右に出る者はいないと思います。最近、精密な技法で作品を作られているようですが、やはり彼のすばらしい作品は、どれだけ無駄をなくした曲線で魅せるか、にあるように感じます。曲線だけでこれだけの表現ができるのかと感心しました。後世に残る芸術作品、海外の浮世絵画家のようです。できれば「ストリッパー」を題材にした作品を見たかったです。
詳しくは彼のWEBサイトで!
【ジュリアン・オピー個展】
期間:2009年10月16日(金)-11月14日(土)
開廊日時:12:00-19:00(日・月・祝日休廊)

コメントは受け付けていません。