ヴィック・ムニーズ「ビューティフル・アース」展

vikmuniz.jpg
ヴィック・ムニーズ 「ビューティフル・アース」展に行ってきました。複数のシリーズにより構成されている展示会でしたが、やはりその中でもメイン展示である、ゴミ処理場のゴミを使って描かれる「ピクチャー・オブ・ガベージ」シリーズが印象的でした。


「ゴミ」として集められたモノだけで構成されたこの作品達は、写真に撮られてはじめて完成作品として展示されるため、実際の作品とのスケール感の違いや配置の緻密さから一見ゴミとは分からず、過去の作品と同様に心地良いギャップを純粋に楽しめました。その反面、「ゴミ」から一時的に作品の「素材」となったガラクタや壊れたおもちゃ等は、いずれまた「ゴミ」として埋め立てられていくのかとも思いました。地球をカンバスに見立て描かれた巨大地上絵や飛行機雲を使って雲を描くといった、比較的ユーモアで直接的でない過去のシリーズと同時に展示されることで、現代の「ビューティフル・アース」とは何かをストレートに考えさせられる様に思えたシリーズでした。
ヴィック・ムニーズ 「ビューティフル・アース」展
トーキョーワンダーサイト
2008年11月22日(土)~2009年3月1日(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です